必要な費用の相場

このページでは、家族葬に必要な費用の相場と費用内訳を解説。削ってOKな項目について紹介しています。

首都圏の家族葬の費用相場は?

家族葬の費用の内訳は?

どこを削れば安くなる?

家族葬の内訳項目の中で、必ずしも家族葬で必須ではない項目を紹介します。自宅を葬儀会場(自宅葬)にすると、施設使用料がかかりません。わざわざ受付スタッフや司会者の人件費が不要となりますね。会葬礼状や香典返しを省略し、費用を抑えることができます。

通夜や告別式の料理の工夫もポイント。葬儀者を通した宅配業者ではなく、葬儀場近くの食事処に移動するなどの工夫を検討してみましょう。無宗教葬を選択すると、数十万円分を浮かせることも可能なんですよ。僧侶による「読経を行わない」ことで、お布施や戒名の費用がかかりません。

「〇〇家式場」というような道案内看板を省くと、数千円~数万円のコストダウンになります。参列者への車の手配を最小限にするなど、一般の葬儀よりも家族・親族とコミュニケーション取ることで、省略できる項目があります。

どの項目を削減するかは、参列するご家族や親族としっかり話し合って決めましょう。

故人との最後の時間を大切にできる 千葉県佐倉市の
家族葬向けの葬儀場3選

葬儀は、故人と過ごせる最後の時間。ご家族にとって、とても大切な時間です。
故人とのお別れの時間をゆっくり過ごすために家族葬を選ばれた方に向けて、
「千葉県佐倉市で貸切可能な葬儀場」を運営しており、
かつ花祭壇が含まれるプランがある会社3選を紹介します。
※2019年10月時点での調査内容です。