お知らせする範囲

このページでは、どの範囲までを大切なご家族の葬儀に呼ぶべきかを解説し、葬儀に呼ばなかった人への対処も紹介しています。

誰を呼ぶべき?

家族葬で声をかけるお相手の範囲は家族葬の規模によって対象者が主に変わってくるのがポイント。その後の人間関係にも影響するので一般的な対象範囲を確認しましょう。 家族葬では声をかける範囲に明確なルールはありません。呼ぶか迷った相手は、「故人との関係性」を配慮し、できるだけ声をかけた方が良いでしょう。

どのタイミングで声をかける?

家族葬で声をかけるタイミングは、家族葬に「呼ぶ方」と「呼ばない方」でルールが異なります。

葬儀に呼ぶ場合

親族には危篤になった時点で連絡しましょう。臨終後は、葬儀の詳細が決まってから改めて連絡すると伝えてください。

葬儀に呼ばない場合

家族葬に呼ばない方への通知は、葬儀後に行うのが一般的なマナーとされています。
故人との関係性が深い方には、葬儀前に伝えることもあります。その際は、「葬儀は家族葬であること」と「参列は辞退する旨」を明確に伝えましょう。

一般的な葬儀のマナーを参考にしつつも、故人との生前の関係や希望を尊重することが重要です。

呼ばなかった人への対処は?

家族葬で声をかけなかった方への葬儀マナーを確認しましょう。葬儀から1~2週間を目安に、葬儀に呼ばなかった方々へ「死亡通知」を送ります。故人の人柄や亡くなる前の様子などを簡単に紹介することが多く、故人らしさを感じられる文面が好まれます。

弔問やお悔やみ状を受けた場合は、できるだけ礼状を早めに出しましょう。葬儀後の死亡通知を送る相手からは、香典を辞退するのが一般的といわれています。

一緒に故人と最後のお別れしたい方もいるので、「故人と家族の意思で家族葬を行ったこと」をしっかり伝えると、今後の関係に良いでしょう。

故人との最後の時間を大切にできる 千葉県佐倉市の
家族葬向けの葬儀場3選

葬儀は、故人と過ごせる最後の時間。ご家族にとって、とても大切な時間です。
故人とのお別れの時間をゆっくり過ごすために家族葬を選ばれた方に向けて、
「千葉県佐倉市で貸切可能な葬儀場」を運営しており、
かつ花祭壇が含まれるプランがある会社3選を紹介します。
※2019年10月時点での調査内容です。